プロフィール

MOKKEIさん

Author:MOKKEIさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフ上達編

Oプロとラウンドレッスンでのアドバイス

1、スイングのテンポ
左肩を回そうとするためにゆっくりバックスイングしすぎている。
Dプロのアドバイスにもあった、One & Two のテンポが大切。
ゆっくり過ぎるスイングが右足に重心が残る弊害を生んでいるようだ。
連続素振りでのスイングスピードを実現させる。

2、重心を前に
後でビデオ指導時に自分でも驚くほど重心が右足に残っている。
右腰を回転させ、右ひざが左ひざより前に行くくらい回転させる。
フィニッシュ時点で、左足体重で右手が前に押し出される感覚。

3、サム・ダウン
両親指をフォロースイング時、下に向けること。
ドライバーはS師匠からよく言われていたが、アイアンも必要。
プッシュアウトする傾向があるので、グリップを離してスイング練習するアドバイスを受けた。

4、バックスイング
肩をまわそうとし過ぎている。
左肩があごまで回れば十分
150キロの速球を打者が肩を回すか?
いかにヒットするか、フォロースイングの方が重要。
肩を回すことより、グリップをあごより上に上げることのほうが重要。

5、スイングは同じ
S師匠の理論と違い、ショートアイアンでのつぶす打ち玉、ミドルでの払う打ち方、ドライバーでの打ち上げる打ち方は確度が低くなるので、同じだと言われた。
ボールの置き方を変えるだけだと言われた。
Kプロの説明に近い。バンカーもオープンにする必要がなく、ボールを左足前に置くだけとのこと。

これからの練習メニュー
①スイングテンポを早くする。One & Two
②フィニッシュ時の左足体重ができているか。 スイングを振り切る。 
③サムダウンを自分のものにする。5番アイアンでグリップを離してスイングしてボールが摑まるかがポイント。
④バックスイングはきちんと上がっているか?

このメニューでスイングの基礎を固めたい。
スポンサーサイト

ゴルフ修正ポイント

昨今の大叩きの原因と修正

Kプロのレッスンでゆっくり腰を使った回転と腕に力を入れないことを重視してきた。

スライスが出てしまう。この原因を考えた所、

バックスイングの時、クラブフェースをシャット気味にする。
手首を返さないようにする。
二等辺三角形を崩さずに。

スイング軌道を確認してその上にボールを置く。


スタンスの構えはやはり気をつけても右向きになってしまう。
今回はキャディーに構えた際に後ろからチェックしてもらった。


ゴルフ上達 Kプロのアドバイス

Kプロのレッスン受講記録

スイング作り
アプローチもドライバーも同じスイング
構え:両足は逆ハの字、大きめに開く、親指(拇指球)に力を入れる。
右を向く癖があり、気をつける。
スイング:左肩を回し、右腰を完全に回す(右足が蹴りあがるまで)、体は目標を向く。
スイングアークをなるべく大きくする。

アプローチでのスイング作り
30ヤードを基準に自分のバックスイングの大きさを身に着ける。
10ヤード刻みにバックスイングの大きさで打ち分ける。


午前中は、アプローチでのスイング作り4時間(休憩を除くと実質3時間)
午後はラウンドレッスン
大たたきもしたが、95は自分としてはまずまずでした。



テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

ドライバーのポイント

今日の練習で得たポイントを記録します。

ドライバー編
ボールポジション:2,3回素振りしてクラブの通るコース上にスタンスを合わせる。

バックスイング:両肩とグリップで作る2等辺三角形を崩さないようにそのまま、両肩を回す。その際左肩を回すことに意識を持つ。その後あと2センチ左肩を回す。よく肩を回すことでスイングがインサイドインにすることができる。
左腕と左胸の距離がなくなり、2等辺三角形がつぶれない様にすることがポイント。

ダウンスイング:左足親指に力を入れ、頭と左足甲の外側がバランスするイメージ。頭を残して且つ右腕を伸ばすことがポイント。右手が左手の上に来ているかをチェックする。


ミドルアイアン編

バックスイング:左肩があごにしっかり付くまで肩を回す。

ダインスイング:左足親指に力を入れつつ、頭を残すことを意識して右手をしっかり伸ばす。
右肩がしっかりあごに付くよう意識して頭を残す。


本番での注意事項
本番ではあれこれ考えてはますますおかしくなるので、①肩を回す。②頭を残す。の2点に注意すること。


先週の練習でドライバーに自信を持って本番に臨んだものの、半分くらいスライスで右林へ打ち込んでしまった。左足の踏ん張りが利いていなかったのでしょうか・・・・。

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

S師匠のアドバイス(アプローチ編)

S師匠のアプローチ編

1、30ヤードから50ヤード
バックスイングは自然にナチュラルコック
30ヤードであれば、右手を返さないことがポイント。
右腰は特に入れない。

50ヤードに持っていく場合は、30ヤードのスイングに右腰を入れて打つ。

2、10から20ヤード
揺り篭スイングで左右対称に腰を入れずに振る。
右手が返らないことがポイント。

右手を返さないことで殺した玉となり転がりを抑えることができる。

先週は、ショートゲームでワンオンできなかったものの、グリーンエッジから30ヤードがぴたりと寄り、4階建てのニアピンを消しゴムで消すことができました。Hさん、ごめんなさい。

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。