プロフィール

MOKKEIさん

Author:MOKKEIさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組織のトップとしてのスタンス

トップとしてのスタンスについて

成功への道しるべ (266) 2008年2月27日
Success Guide Post   サクセスなにわ(株)
進んで責任を引き受ける

からの引用

1、ケネディー大統領の例

「43歳の若さで就任したケネディー大統領が前政権から引き継いだ計画にキューバ侵攻作戦があります。亡命キューバ人を軍事訓練して、その部隊の侵攻を支援して、カストロ政権を打倒しようという計画でした。ケネディー大統領は、その作戦の危惧を感じ、再検討を考えたものの、もう後に引き返す事が難しいところまで進んでおり、またCIAからは、ソ連の本格的なキューバ支援が始まる前の今のこの時しか機会は無いという強い催促もあります。結局1961年4月17日、ビックス湾上陸を目指して侵攻作戦が開始されました。しかしこの作戦は、カストロの軍隊によって玉砕され、米国の威信を大きく傷つけ、惨めな大失敗に終わりました。ケネディー新政権にとって大きなつまずきになり、また非難が湧き上がりました。」

「ケネディー大統領は、前政権に責任を転化することも出来たかもしれません、しかしそんな言動は一切とりませんでした。 “この失敗の全責任は、合衆国大統領である私にある。”と宣言し、必要な敗戦処理に当たったのです。時とともに状況が正しく知られるようになると、ケネディーの人気は逆に高まっていったのです。」

2、昭和天皇の例

「もっと凄いのは昭和天皇ではないでしょうか。
終戦直後のこと、進駐軍最高司令官マッカーサーと、初の会見が実現した時、マッカーサーは、命乞いに来るということも頭の隅にあったのか、出迎える事もありませんでした。会談の内容は公表しないということで昭和天皇から、そのことについての発言は、一切無く、崩御されましたが、マッカーサーの方は回顧録で、そのことに触れています。昭和天皇は “私は日本国民が政治、軍事両面で行った全てのことに対し、全責任を負う者として、今日あなたに会いに来ました。“ と言われたのです。マッカーサーは、「この勇気ある発言に、心の底から私の魂は震え、今私は日本の最高の紳士と対面していることを知ったのです。」と書いています。こういう時、私財を貯えて保身や亡命を考える国のリーダーと何という違いでしょう。その瞬間から天皇に対する態度が一変したということに止まらず、占領政策をも変えさせたといえます。まさに昭和天皇のこの一言があって現在の日本があるといっても過言ではありません。」

「私たちはマッカーサーや昭和天皇のような立場にはありませんが、自分自身の責任を認めるべき状況には、しばしば遭遇します。物事が失敗に終わった時、その原因は、自分自身にもあり、また相手や、周りの環境にもあることが多いものです。そうした場合、私達は自分のことは棚に上げておいて、失敗の責任を他人や環境のせいにしがちです。」

「しかし企業や組織で不祥事が起こる度に見られるのは、トップの経営陣が自らは関与した事ではないことを強調したいための会見としか思えない残念な光景です。 他人や環境がどうであれ、自分自身の責任を進んで認めるところから物事の改善を進める足がかりが得られます。」

以上引用終わり(一部内容削除)

⇒組織のトップは自分の指示でなくても、部下が関わったこと、自社に関することは自分の責任なのだ。組織のトップとしての矜持を示すエピソードとしてブログに記録します。
スポンサーサイト

教育問題

到知3月号八木秀次氏がホストの連載ー社会の一隅を照らす人間的エリートを育てる
「いま、日本の教育をどうするか」  から 山田昌俊氏の発言を引用。

教育で大事なことは、
「三つ子の魂百までといいますが、結局は幼児期の親の躾の問題に行き着くんです。」

⇒今、当家の長男は反抗期か、宿題はやらない、連絡帳はきちんと書いてこない、紙はくしゃくしゃという状態。親の躾に行き着くのか!!!

「当たり前のことが当たり前にできる学校を目指しています。」
「それは、例えば、学校は本来勉強する場所でありということ、正しいことは正しいと言える場所であるということ、理想を語る場所であるということ、そして礼儀を学ぶ場所であり、体を鍛える場所であるということ。」

教師について
「自主性を重んじればいい面が伸びると考えるのは間違いです。人間には善悪両面があって、悪い面をきちっと抑えなければ、よい面は伸びないのです。ですから、ダメなものはダメ、と厳しく指導できる先生でなくてはならないと考えています。」

⇒息子の今の担任の若い先生は、たぶん厳しい指導はできていないのではないかな?
宿題をやっていかない生徒は連絡帳を通じて連絡するとか、親に直接電話するとかやらせるような手段をとってもらいたいです。不信感が募ります。


真のエリート教育
「真のエリートつまり人間的なエリートを育てたいと考えているのです。」
「人として優れた見識、洞察力、自己犠牲の気持ち、倫理性、そういう気持ちを育まなければ本来のエリートではないですよね。」
「別にお金持ちにならなくてもいいし、偉くならなくてもいいけれども、一隅を照らし続けられるような人間的エリートを育てたいのです。」
「教育を通じて、自分の能力をもっと磨いて、世のため、人のため、国のために役立つ人間になろうという意識を育てていかなければいけないと思うんです。」

⇒自分の子供を育てるひとつの目標、理想像が語られている。相手のために努力する、社会のために努力する、道を究めるような人物に育てたいと心から思う。

子供への愛をどれだけ注いだか?

到知3月号 この道に生きる で鈴木秀子さんと俳優の水澤心吾さんとの対談から

「人の人生は、三歳から五歳までに両親からたっぷり愛情をもらって周囲から受け入れられた場合に、自らを認める核を自分の中に築くことができると言われています。生きているのは楽しいことだ、自分はそのままの自分でいいんだ、人と違っていていいんだ、失敗しても自分の価値が失われるわけではないんだという確信を持つようになるんですね。」(鈴木秀子さん)

⇒我が家の長男に親としては愛してきたと思う。怒るときは真剣に向き合って怒ってきた。そのままの自分でいいんだと思う自然な強靭な精神をもっているかどうかは自信がない。

⇒息子には自分に自信を持って誇りを持って生きていってほしい。我が家の長男は優しい性格だ。但し傷つきやすい繊細な心を持っている。テレビの番組で別れのシーンになると自分も泣いてしまうことがあった。この繊細な心を持って、仲間と分かり合える心、思いやりの心、目標に向かってがんばる心もしっかり自分のものにして欲しい。

ドライバーのポイント

今日の練習で得たポイントを記録します。

ドライバー編
ボールポジション:2,3回素振りしてクラブの通るコース上にスタンスを合わせる。

バックスイング:両肩とグリップで作る2等辺三角形を崩さないようにそのまま、両肩を回す。その際左肩を回すことに意識を持つ。その後あと2センチ左肩を回す。よく肩を回すことでスイングがインサイドインにすることができる。
左腕と左胸の距離がなくなり、2等辺三角形がつぶれない様にすることがポイント。

ダウンスイング:左足親指に力を入れ、頭と左足甲の外側がバランスするイメージ。頭を残して且つ右腕を伸ばすことがポイント。右手が左手の上に来ているかをチェックする。


ミドルアイアン編

バックスイング:左肩があごにしっかり付くまで肩を回す。

ダインスイング:左足親指に力を入れつつ、頭を残すことを意識して右手をしっかり伸ばす。
右肩がしっかりあごに付くよう意識して頭を残す。


本番での注意事項
本番ではあれこれ考えてはますますおかしくなるので、①肩を回す。②頭を残す。の2点に注意すること。


先週の練習でドライバーに自信を持って本番に臨んだものの、半分くらいスライスで右林へ打ち込んでしまった。左足の踏ん張りが利いていなかったのでしょうか・・・・。

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

S師匠のアドバイス(アプローチ編)

S師匠のアプローチ編

1、30ヤードから50ヤード
バックスイングは自然にナチュラルコック
30ヤードであれば、右手を返さないことがポイント。
右腰は特に入れない。

50ヤードに持っていく場合は、30ヤードのスイングに右腰を入れて打つ。

2、10から20ヤード
揺り篭スイングで左右対称に腰を入れずに振る。
右手が返らないことがポイント。

右手を返さないことで殺した玉となり転がりを抑えることができる。

先週は、ショートゲームでワンオンできなかったものの、グリーンエッジから30ヤードがぴたりと寄り、4階建てのニアピンを消しゴムで消すことができました。Hさん、ごめんなさい。

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

S師匠のアドバイス(ドライバー編)

私のゴルフのS師匠のアドバイスを記憶のために残しておきます。

ドライバーのスイング
①バックスイング時の肩の回し方
1、両手と肩で作る3角形の形を維持しながらバックスイングしていく。
  手の位置ではなく、両肩を意識して回していく。
  背骨を軸にして両肩が水平になるように回すと、
  ダウンスイング時も右肩が落ちないで回っていく。
  人間は左右対称の動きに自然となるもの。

  左肩の回し具合は・・・
  ①目標に背中を向けるつもりで回す。または、
  ②正面にいる人に自分の背番号が見える所まで回す。
    ここまで回すとインサイドインにできる。
  そのときの注意点として、
  肩を回した積もりでも三角形がつぶれてしまい、
  きちんと回っていないことがあるので気をつける。
 
2、左手
  あと左手がきちんと伸びているかをチェックする
  左手の親指にシャフトが乗っているか。

②ダウンスイング
1、顔が流れないように気をつける。

2、顔を残してダウンスイングする時・・・
  ①ボールを打つときに右手が伸びているか。
  ②打った時に右手の甲が返っているか。

3、右に残した顔と左足の左外側でバランスをとるイメージ。


先週今週の練習でドライバーの安定度が大きく向上しました。

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

トップとして

2008年2月9日(土)日経新聞の記事「明日への話題」の五百旗頭真防衛大学校長のエッセーが面白かった。

防衛大という組織では、校長は学内では司令官である。


「次々に始まる会議や集まりで、校長は常に言葉を求められる。見られ問われ続ける職務なのだ。」

⇒当社での社長としての毎朝の社長コメントを初め、会議での社長である自分の発言は常に見られており判断を常に評価されている。この重みを新ためて噛み締める必要がある。

「防大生が学校長を見る視線は格別である。」
「彼らは指揮官を見る。この行軍に大義はあるのか。信頼と愛があるのか。本気なのか。」


⇒日本人もタイ人も自分の評価者を見る。自分に指示をする人を見る。自分の所属する組織をリードする人物の判断、言動、方針を見ているのだ。

テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。