プロフィール

MOKKEIさん

Author:MOKKEIさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アファメーション

成功への道しるべ (271)      2008年5月14日  Success Guide Post 君ならできる

から抜粋引用


それが自分にとって好ましいことであれば、その後も思い出しては頭の中で反芻します。
言ったことが実現するのではなく、思っていることが実現するのですから、この事もプラスに働きます。
出来るとはとても思えない人にも “あなたは出来る” と云うのですか、と反論されるかも知れません。アファーメーションはコトバを役に立つ道具として使うことなのです。
また何を基準に相手の人を出来ないと判断出来るのでしょうか? 無限の潜在能力は全ての人に与えられています。嘘を言うのではなく、条件付けの壁を打ち破ってあげ、その人の潜在能力を引き出してあげることなのです。


子供の場合はまだ余計なものがインプットされていませんから特に顕著に現れます。

・小学校の時先生から、“君は絵が上手だね” と言われた “その一言が“ その人の生涯を付きまとい続け、偉大な画家に育てるという事は十分考えられます。

・中村メイコさんのご主人である神津善行氏は小学校の時同じクラスに高名な音楽一家の子供がいて、先生は彼をその子だと勘違いしていたという事が、音楽の道を志すことになったといわれます。

ただ大人とて同じです。
小出義雄監督は高橋尚子や有森裕子などの無名選手をチャンピオンに育て、小出マジックなどといわれますが、その真髄は “君なら出来る” ということを、それこそ繰り返し、繰り返し、反復してあげる事に尽きるようです。 「君なら出来る」という本も出されています。 高橋尚子には “君なら世界一になれる” と繰り返したのです。その結果メルボルンオリンピックで金メダルを獲得しました。

その後小出監督と袂を分かち、いつも身近で “君なら出来る” と言ってくれる人がいないので、結果が出ないのかもしれません。

アファーメーションも自分で自分に言うより他人に言ってもらった方がはるかに効果があるようです。


下記の2件の事例は以前取り上げたことがありますが。

・堀田綾子(後の三浦綾子)さんは脊髄カリエスで10年以上も寝たっきりで、治ると見込みも見えない入院生活を送っていました。
そこへ毎週土曜日に、後に夫になられる三浦光世氏が、ある人からの依頼で定期的にお見舞いに行くことになりました。
三浦綾子さんによると、クリスチャンである三浦光世氏は 「堀田さんの病気が必ず癒されますようにという祈りと共に、“あなたは必ず大きなことを成し遂げられる方です” と確信に満ちた語調で言うのです。
不治の病とも言われ治癒するかどうかも分からないと言われていた私にそんなことは思っても見なかった事ですが、毎回同じ言葉を繰り返すのです。
そうすると私の中にもひょっとすると眠っている力があるかもしれないという思いが段々強められていったのです。・・・・・・

・私のオフィスにいる小林佳代さんは10年以上に亘り私の仕事を手伝ってくれています。
彼女のご主人は一昨年ある外資系の日本法人の社長に抜擢されました。工学部を卒業された技術屋さんですが超一流の大学で経営修士コースを学ばれたというような経歴の方ではありません。
彼女はご主人に対していつも “あなたはこの程度で終わる人じゃない” といつも繰り返し言っているというのです。家事万端そつなく切り盛りする良妻タイプではないのですが、たったそれだけの実践で一番得をしているのは彼女です。
ご主人は責任ある地位にあって日夜懸命に仕事に取り組んでおられますが、彼女は経済的にも恵まれ好きなことを目いっぱい楽しんでいます。

相手が良くやってくれたから誉めるのでなく、“あなたなら出来る” と、もう一方的に持ち上げ続けるのです。そうすると相手は段々本当に “出来る人になる” のです。


潜在意識は自分の事も相手の事も区別できませんから、相手に反復する内容は、自分にも反復することになります。 “君ならできる” という事は相手にも自分にも利益があるのです。しかも協力が得られます。これ、偉大なことをなす簡単な秘訣です。


⇒自分の子供にこのアファメーションを活用してみよう。
子供を叱る時、つい「だからお前はだめだ。」とか「アンポだ。」といっている親としての自分を反省。
おまえはできる。違うんだ。すごい。といって聞かせてみよう。
スポンサーサイト

評価基準 

日経新聞 2008年5月10日13面、若手社員の育成法 丹羽宇一郎氏に聞く 
から抜粋引用

丹羽氏は会社は数値で測れない社員の能力を見ているとし、

1、未知の世界に挑戦する情熱があるか。


⇒サラリーマンでは会社都合で仕事を与えられる。
年を重ねるに連れ同じ仕事に従事する時間が長くなる。正直自分も守りに入っていると感じることもある。そこに安住することなく新たな世界に挑戦する勇気・情熱を持つことが大変なことだ。

2、逆境での競争力があるか。
⇒周りといい関係を作りつつ、自分で考え抜きたどり着いた方針を関連者に説明して納得させる。
自分でガラスの上限を作らないで勝ち抜くことができるか。

3、さらに相手の立場や社会的な視点から物事を考えられる良識と常識を持っているか。
⇒これと思う人に師事し話を聞き、本を読み見識を持つようにする。自分の手本となる人を見つけ出し自分に取り入れようとする。



欧米の経営者と対等に付き合える素養とは?

債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら
大山鳴動、パンダ二匹(二頭??)
マーケット / 2008-05-08 10:07:43

から抜粋引用。

必要なのはマネージメントのための「金融機関経営士制度」の設立。
これに通らない人は金融機関のマネージメントやっちゃだめ、という制度にしたらいい。
クラッシックや食事のマナー、ワインの知識はともかく、西洋美術史、日本美術史は必須と聞いて自分はその部分の素養に欠けると実感。
ついでにTOEICも必須にして900点以下の人はだめ。
更に彼らは日本の顔として欧米のマネージメントにばかにされずに親しく付き合うために必須科目は1、金融工学のほかに
2、西洋金融史(マックス・ウェーバーあたりからマンデル先生くらいまでね)
3、西洋美術史(この話題ができないとパーティーでは人間扱いされない)
4、クラシック音楽のイントロあてクイズ(オーケストラまであたったら点数は倍)
5、日本史及び日本美術史(必ず聞かれます。答えられないとばか扱い)
6、日本財政(日本でもSWFをなんてばかなことを言わないため)
7、食事のマナー講座(食べ方が汚いので二度と一緒に食事をしたくない、という外人は意外に多い。少なくとも食事中に爪楊枝は使わない!!)
8、ワイン知識(間違ったワインをだして、ばかにされた、と怒っている外人も更に多い)
9、プレゼンテーションスキルテスト(あれだけ話がつまらなくてよくやってるな、という指摘はとーっても多い)

引用以上

⇒小生は金融機関のマネージメントではないが、会社の雇われ社長の端くれとして欧米人のトップ経営者と接するには上記の項目が必要とのこと話には興味あり。
このブログの筆者は、欧米金融機関で生き延びてきた人で、欧米人との付き合いを日常としてきた人なので、大分ポイントを突いているのでしょう。
小生は英語は何とか通じるが、サバイバル英語で、しかも仕事関係、財務・管理・経営関連の語彙は何とかなるが、宗教・音楽・美術・哲学等になるとちんぷんかんぷんです。

欧米のトップ経営者と楽しく会食するには程遠いレベルだ。
これまでの経験で勉強と思って、弱い分野の本を買ってみても途中で挫折するのは目に見えているので、興味を持っている範囲で日本語で理解して英語で説明できるようになろう。



| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。