プロフィール

MOKKEIさん

Author:MOKKEIさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育問題

到知3月号八木秀次氏がホストの連載ー社会の一隅を照らす人間的エリートを育てる
「いま、日本の教育をどうするか」  から 山田昌俊氏の発言を引用。

教育で大事なことは、
「三つ子の魂百までといいますが、結局は幼児期の親の躾の問題に行き着くんです。」

⇒今、当家の長男は反抗期か、宿題はやらない、連絡帳はきちんと書いてこない、紙はくしゃくしゃという状態。親の躾に行き着くのか!!!

「当たり前のことが当たり前にできる学校を目指しています。」
「それは、例えば、学校は本来勉強する場所でありということ、正しいことは正しいと言える場所であるということ、理想を語る場所であるということ、そして礼儀を学ぶ場所であり、体を鍛える場所であるということ。」

教師について
「自主性を重んじればいい面が伸びると考えるのは間違いです。人間には善悪両面があって、悪い面をきちっと抑えなければ、よい面は伸びないのです。ですから、ダメなものはダメ、と厳しく指導できる先生でなくてはならないと考えています。」

⇒息子の今の担任の若い先生は、たぶん厳しい指導はできていないのではないかな?
宿題をやっていかない生徒は連絡帳を通じて連絡するとか、親に直接電話するとかやらせるような手段をとってもらいたいです。不信感が募ります。


真のエリート教育
「真のエリートつまり人間的なエリートを育てたいと考えているのです。」
「人として優れた見識、洞察力、自己犠牲の気持ち、倫理性、そういう気持ちを育まなければ本来のエリートではないですよね。」
「別にお金持ちにならなくてもいいし、偉くならなくてもいいけれども、一隅を照らし続けられるような人間的エリートを育てたいのです。」
「教育を通じて、自分の能力をもっと磨いて、世のため、人のため、国のために役立つ人間になろうという意識を育てていかなければいけないと思うんです。」

⇒自分の子供を育てるひとつの目標、理想像が語られている。相手のために努力する、社会のために努力する、道を究めるような人物に育てたいと心から思う。
スポンサーサイト

<< 組織のトップとしてのスタンス | ホーム | 子供への愛をどれだけ注いだか? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。