プロフィール

MOKKEIさん

Author:MOKKEIさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上司との付き合い方

友人の送別会で、その友人の上司との対応についてのサラリーマン哲学の披露があった。

「絶対、上司とは喧嘩をするな。」

「ある程度シニアになってきて、組織の長や次席を決める時に、結局他人の評価、風評で決まる。」
「あいつは、いい奴だ。けれども・・・・・」と言われるか、
「あいつは本当にいい奴だ。」になるかの違いだという。

大組織の中間管理職の人事はそのように決まるものなのかも知れない。


小生も大馬鹿上司に何人も仕えた経験がある。
人間的に許されない人格。上司がその上司に平気でうそをつく奴。
部下を人格的に否定する上司。


結局長い目で見ると、そんな奴はそれなりの処遇を受けている。
部下が切れて喧嘩をすると、喧嘩両成敗でそのキチガイ上司だけでなく、部下もコースから外れることになることが多い。

自分のサラリーマン人生でも、経済が大きく停滞していた時期に、何もせず失敗をしないことだけを考え自分の転職準備に専念する上司の下で使えたときを思い出す。

当然その組織の成績は悪くなり、自分も巻き込まれることになる。
あの時は自分の実力をつけるのにもっと充電すべきであったなと悔やまれる。
それなりに忙しく過ごしたが、自分も巻き込まれて、大したことができなかった。

その上司のせいにはできない。ただ、その時期に、修羅場の中で全力で逃げずに挑戦していた同業のライバルや、社内の同期たちに、経験・実力とも離されてしまったような気がする。
スポンサーサイト

<< ベア・スターンズ取付け騒ぎ | ホーム | ゴルフ修正ポイント >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。