プロフィール

MOKKEIさん

Author:MOKKEIさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

致知2008年12月号 「頭の良い子は家庭で育てる」 を読んで

松永暢史氏 (ブイネット教育相談事務所主宰)のコメント

以下、要旨を抜粋


「良い教育の柱として
○人に騙されない人間をつくること、
○しっかりした判断力をもった人間を作ること。」

そのために国語力が大切、社会のリーダーになるには言葉を操る能力、リテラシーが優れていなければならない。

リテラシーを高めるお勧め勉強法は
○日本語の変化に重要な役割を果たし、後世によく音読されたと思われる作品を選び
○年代の古い順に練習する。
○口の形をしっかり決めて大きな声で一音一音区切って読む

⇒子供向けの読む論語なんてあったな。まだ小4では早いが古典も読み易いものを見つける必要があるね。


「大事なことは社会に出て通用する本当の頭の良さを身につけること。」

この本当の頭の良さとは、
○的確な判断力や自己表現がしっかりでき、
○他人とのコミュニケーションがスムーズに行え、
○常に新しいことに取組み、吸収していく能力があること。 

→親が努力して成長し続ける姿を見せることが大切


⇒これは真理だな。ただ、リタラシーも当然大事だけど伝記を読んだり友達と遊んだり、スポーツすることも大事だと思うな。


家事を手伝わせることが有効 
→ 家事はお頭を使い、創意工夫を要するから。
○頭を使う習慣を持てるし、
○いい気分転換になるし、
○親とのコミュニケーションを取るいい機会になる。

⇒長男は中々ママの言うことを聞かないようだが、家事をもっとやらせよう。

学校は近い方がいい。
その代り、親も努力して家庭でちゃんとした日本語をしゃべり、子供のリタラシーを高める環境を作ってあげる。

⇒まだ小学校だし、私立は遠いし高いし、やっぱり地元の公立に入れるか・・・
⇒我が家はパパの役目だな・・・

趣味でも何でもいいから何かテーマを持って取り組ませる。

テレビは無目的に観ないようにする。(過剰な情報入力は弊害大)
ゲームのやりすぎも同じ

その時間を図書館で良い本を借りてたくさん読ませる。

⇒図書館が近いのでこれから週末はちょくちょく連れて行くか・・・


頭の良さは後天的に養う事ができる。
親は、我が子を自分よりも頭をよくすることができる。

頭が良くなるために大事なことは、
○純粋な心、
○インクがスッと滲むようなピュアな心、
○善良な心。

⇒我が長男は純粋でピュアで善良だと思うのは親馬鹿か・・・
スポンサーサイト

<< 「田母神俊雄」論文からの感想 | ホーム | 日本人の無防備 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。