プロフィール

MOKKEIさん

Author:MOKKEIさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供への愛をどれだけ注いだか?

到知3月号 この道に生きる で鈴木秀子さんと俳優の水澤心吾さんとの対談から

「人の人生は、三歳から五歳までに両親からたっぷり愛情をもらって周囲から受け入れられた場合に、自らを認める核を自分の中に築くことができると言われています。生きているのは楽しいことだ、自分はそのままの自分でいいんだ、人と違っていていいんだ、失敗しても自分の価値が失われるわけではないんだという確信を持つようになるんですね。」(鈴木秀子さん)

⇒我が家の長男に親としては愛してきたと思う。怒るときは真剣に向き合って怒ってきた。そのままの自分でいいんだと思う自然な強靭な精神をもっているかどうかは自信がない。

⇒息子には自分に自信を持って誇りを持って生きていってほしい。我が家の長男は優しい性格だ。但し傷つきやすい繊細な心を持っている。テレビの番組で別れのシーンになると自分も泣いてしまうことがあった。この繊細な心を持って、仲間と分かり合える心、思いやりの心、目標に向かってがんばる心もしっかり自分のものにして欲しい。

スポンサーサイト

<< 教育問題 | ホーム | ドライバーのポイント >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。